【メルマガ限定動画を配布中】

ゼロから最速で稼ぐために必要な情報をメールマガジンで配信中。またメルマガ限定で『月収10~100万円以上稼いだコンサル生も学んだ動画教材もプレゼント。もちろん完全無料です。

☞ 今すぐ無料で手に入れる

アドセンス審査の基準と最速で通過するためのコツやポイント!一歩目で躓かないために

アドセンス審査 コツ ポイント 期間 トレンドアフィリエイト

こんにちは、あすてるです。

 

トレンドアフィリエイトなどでブログやサイトをマネタイズしていくには、まずgoogleアドセンスの審査に通過しなければいけません。

審査といっても難しいことはないですが、ポイントを知らないと何度やっても審査に通過できず泥沼にはまることになります。

 

そこで今回はアドセンスの審査の手順と最短最速で通過するコツをお話していきます。

 

 

アドセンスの審査手順

 

 

アドセンスの審査手順は下記の通りです。

 

1.アドセンスの公式サイトにアクセス

2.googleアカウントでログイン(または新規作成)

3.個人情報、サイトURLなどを入力

4.一次審査開始

5.一次審査通過後、二次審査開始(広告貼り付け)

6.二次審査合格(広告配信開始)

 

手順自体は非常に簡単ですね。

 

審査にはgoogleのアカウントが必要になりますから、あらかじめ取得しておきましょう。

普段からgmailなどを使用しているアカウントがあればそれを使ってもOKです。

 

ただ、今後サーバーやドメインなどを取得したり、サイトアフィリを行うためにASPに登録すると毎日のようにたくさんのメールが送られてくるので、アフィリエイト用のアカウントを新規に作成しても良いかもしれません。

 

(※2015年11月より1次審査が廃止され一本化、個人情報入力後はすぐに広告貼り付けのステップに移れるようになりました)

 

アドセンス申請用のブログを作る

 

 

さて、上でご紹介しましたように、アドセンスの審査を申請するには自分の所有するサイトのURLを入力しなければいけません。

ですから申請前にあらかじめブログやサイトを作っておく必要があります。

すでに日々の日記などを書いてあるブログやサイトを持っているのなら、そのサイトで申請しても良いでしょう。

 

ただしアドセンスは色々と規約があるので、内容によっては審査に落とされてしまうことがあります。

もし不安を覚えるようでしたら、新たに申請用のブログを開設するのが無難です。

 

アドセンスは一度審査に通過すれば他のサイトにも審査なしで貼ることができるので、申請用のブログを作って審査に通過してから、本サイトに広告を貼るということが可能になります。

まだ自分のサイトを持っていなかったり、持っていても審査に通過する自信が無い場合は、まず無料ブログで申請専用のブログを作ってしまいましょう。

 

申請用のブログは基本的に申請時にしか使わないので、大手のソネットやFC2などであればどこでも大丈夫です。

ただし、他に有名な無料ブログとしてアメブロがありますが、アメブロはアドセンスNGなので注意が必要です。

 

※2016年より無料ブログサブドメイン)での申請が不可能になりました

 

申請用ブログ運営のコツ

 

 

アドセンスの審査に通るためにはいくつかポイントを抑えたブログを運営することが必要です。

ここからはアドセンスの審査に確実に通過するためのコツをご紹介していきます。

 

ある程度のコンテンツ量がある

 

まず大事なのが、審査に出すブログのコンテンツ量です。

 

できて間もない、記事もろくに入っていないスカスカのブログやサイトでは『不十分なコンテンツ』という理由で審査に落ちてしまいます。

ある程度の記事を書き溜めてから審査に申請しましょう。

 

記事数の基準はありませんが、最低でも5記事以上はあると良いと言われています。

年々アドセンスの審査も厳しくなってきていますから、10~20記事以上書いてから申請に出しても良いかもしれません。

どのみち10記事~20記事程度ではまともな収益になりませんから、少しの時間差で焦って申請して審査落ちしてしまっては結局遠回りになります。

 

また5記事以上あっても文章が短すぎるなど内容が無いのはNGです。

私の知り合いで、自分の作品を公開するため写真メインで1記事辺りの文書量は数行だけというブログで申請した人がいましたが、記事が数十件あってもそのブログは審査に落ちていました。

画像よりも文字でコンテンツ量を判断しているようなので、最低でも1記事辺り500~600文字、できれば1000文字くらいは書くようにしてください。

 

定期的に更新をしている

 

アドセンスではコンテンツ量と共にコンテンツの更新頻度もチェックしていると言われています。

せっかくの広告も、更新が止まっている誰も訪問しないようなサイトに配信しても意味がないので当然と言えば当然ですね。

 

ですから、5記事コンテンツを書いたらまとめて投稿するのではなく、何日かに分けて投稿するようにしましょう。

 

もっとも、本当に毎日1記事ずつ投稿する必要はありません。

無料ブログであれば日付も簡単にいじれるはずですから、毎日投稿しているように見せるだけで十分です。

 

(著作権違反の)画像や動画がない

 

googleは著作権に厳しく、芸能人の画像などを無断で使用しているサイトなどはペナルティを受けやすい傾向があります。

アドセンスもgoogleが提供するサービスですので、当然著作権や肖像権にはうるさいです。

申請の際には、芸能人の写真やテレビ、アニメの画像などは貼らないようにしましょう。

 

では自分で撮った写真やフリー素材はOKなのか?というと、それは全く問題ありません。

実際私も申請したブログはフリー素材が何枚も貼ってありましたが、問題なく審査に通過しました。

 

アドセンスの審査に通過して実際に広告を掲載しているサイトでも、画像や動画は普通に使用していますよね?

適切に画像や動画を利用してコンテンツを充実させることは、googleも推奨していることです。

 

ですから画像や動画の使用自体はなんら問題ありませんが、誰かの権利を侵害するような画像や動画の使用は、審査中であろうと審査後であろうと避けたほうが良いでしょう。

 

過激な内容を書かない

 

アドセンスは規約が厳しく、画像の使用とともに、文章の内容もチェックしています。

単語によっては書かれているだけで引っかかり、即広告配信がストップするものもあります。

ですから、審査の際も規約に引っかかるような、アドセンス広告が配信できないような内容は書かないようにしましょう。

 

書かないほうが良い内容というのは、具体的には

 

1.アダルトな内容

2.他人を誹謗中傷するような内容

3.その他公序良俗に反するような内容

 

です。

アダルトなコンテンツや中傷的なコンテンツには、アドセンスの広告を掲載することは許可されていません。

ですから当然審査にも通りませんね。

 

またアフィリエイトやお金儲け丸出しな記事も嫌われてるとも言われています。

もっとも、私が審査に出したブログはアフィリエイトではないもののネットビジネスについて色々と書いていましたが、審査には通過しましたのでこの情報には信ぴょう性はあまりないかなと思っています。

 

ですから反社会的な内容でなければあまり過敏になる必要はないのかもしれませんが、万が一のことを考えると審査に通す段階では当たり障りのないことを書いておくほうが無難です。

 

ここまでポイントを押さえてきましたが、詳細はgoogleアドセンスが公式に出しているプログラムポリシーに掲載されていますので、まずはそこを熟読するようにしましょう。

特に『禁止コンテンツ』の項目は読んでおくと良いでしょう。

 

審査期間と早く審査に通過するコツ

 

アドセンスの審査期間は人によってかなりばらつきがあります。

3日間の人もいれば、一週間の人もいますし、中には3週間もかかったという人も。

 

私の場合は一次審査は申請から約一時間後、その後二次審査も広告を貼り付けて翌日には配信されていて、無事に合格となりました。

これは色々な人の話を聞いても最速の部類だと思います。

 

また、一次審査よりも二次審査に時間がかかるのですが、これは一次審査が機械による判断で、二次審査が人間による判断だからです。

二次審査ではサイトをくまなくチェックされるので、一次審査に通過しても二次審査で落ちてしまう人も多いです。

 

これらを踏まえて一次審査、二次審査を最短でクリアするポイントをご紹介します。

 

まずは審査に落ちない無難なブログ運営を

 

アドセンスの審査は一発で通過する人、一次審査で落ちる人、二次審査で落ちる人と様々です。

一度審査に落ちると修正したつもりでも何度も繰り返し落ちてしまう人もいて、これは非常にもったいない時間のロスとなります。

 

ですから、必ず一発で通過できるようにしましょう。

そのためには先ほどいくつかあげたポイントにあったように、まずは規約に引っかからない健全な内容のブログを運営するようにしてください。

 

アクセスが集まりやすいネタで書く

 

審査にパスするためには無難な日記ブログの運営が良いとお話しましたが、完全に日々の日記的な内容だと審査通過に時間がかかってしまうかもしれません。

 

というのも、二次審査では一定のインプレッション(表示回数)をクリアしてはじめて人間による目視が入ると言われているからです。

となると、ただでさえ開設間もないブログに「今日のランチ」的な内容ではアクセスもほとんど集まらず、中々インプレッションも規定回数を満たせないでしょう。

 

ですから記事を書く場合は、その日あったニュースなどちょっとした話題を取り上げるのが良いかもしれません。

ただし、話題になってると言っても芸能ニュースやスポーツニュースなどは避けましょう。

デリケートな話題ですし、大手ニュースサイトやすでに長期間運営されているトレンドブログなどのライバルも多く、かえって全く集客できない可能性もあります。

 

選ぶネタとしては地元テレビ局が放送した地域のイベントなどローカルニュースなどが良いかもしれません。

 

コンテンツ量の充実を図る

 

ペラペラでスカスカのサイトでは申請に通らないことは説明した通りですが、水準ギリギリのサイトでは審査の判断にも時間がかかるでしょう。

 

実際、私が運営していたサイトもある程度の運営歴があり記事数も二ケタ以上は入っていて、文字数もどの記事も1000字以上はありました。

しっかりと運営実績があったために審査の通過も早かったと考えられます。

広告主もよりコンテンツの充実した更新頻度の高いサイトに出稿したいことは間違いありません。

 

また、記事数や文字数が増えることにより検索に引っかかるキーワードも増え、間口が広がることでアクセス増加にも繋がります。

話題選びと同様に充実した内容というのも、よりアクセスを早く集め早期に審査を通過するポイントになってきます。

 

ですから、審査に出すブログも最低5記事、1記事500~600文字以上とお話ししましたが、最低の基準を目標にするのではなく、より濃いコンテンツをより多く作成するように心がけましょう。

 

アドセンス審査のコツまとめ

 

以上、今回はアドセンスの審査手順やより早く審査に通過する方法についてご紹介しました。

ここでご紹介したポイントをしっかりと抑えた内容でブログを運営すればすぐにでも審査に通過できるはずです。

 

アドセンスの申請はアフィリエイトの第一歩。

審査に落ちて無駄に時間を取られないようにポイントを守って一発通過を目指してくださいね。

0から月収10万円を達成するメール講座!

 

アフィリエイト初心者でもゼロからアフィリエイトを体系的に学べるメール&動画講義を作成しました。

登録者限定のプレゼントもご用意していますのでぜひ活用してくださいね。


 

コメント